top of page
  • takayuki

不動産競売落札後の物語。vol.3

更新日:2021年11月22日



前回は、不動産競売入札は

『不動産競売落札後の物語。vol.2』というテーマで書かせて頂きました。



私の振り返りも兼ねて『不動産競売落札後の物語。シリーズにてお届け致します。』


こちらについて書き記していきます。

どんな方が占有者として登場してくるのか?どんな経緯があったのか?

これからの皆様の参考になれば幸いです。


『ウチは不動産屋さん間に合ってます』


このフレーズが、一番最初にお会いした時に掛けられるNo.1の返しの言葉です。


そらぁいきなり知らない不動産屋がピンポン鳴らしてきたら、そう言いますよね😅


今回の占有者さん(所有者さん)は、そうでした。


インターホン越しになるので、簡単に事情を説明して、玄関の扉を開けて頂きました。


占有者

お宅さんはどういう関係の不動産会社なんですか?


弊社がこの度、占有者さんが所有の不動産を落札した不動産会社です。


占有者

えっ!私は、別の不動産会社さんに、そうならないようにと、任意売却で、販売をしてもらってたんですが、その不動産会社さんは何してはるんですか?


すみません。それを私に聞かれてもお答えできないですが、事実言えるのは、任意売却ではなく、競売の手続きも終わって、弊社が買い受けるのことになったという事実だけになります。


占有者

そうしたら、私たちはこれからどのようにしたらいいんですか?


私 

今すぐにでていってください。

というわけではありませんので、まずはご安心ください。ただ、いつまでもこちらに住み続けることもできません。


このようなやり取りをして、その日は帰社しました。


前回にも登場してきた不動産会社。

『任意売却』を扱う不動産会社さん。


ほんまに当たり外れがあるので、注意して欲しいですね。


僕の個人的な感想は、早くから売却に向けて動いている人。

ギリギリ切羽詰まって行動する人。


切羽詰まった状態の方は、選択を誤りがちです。

なので、私が見聞きする任意売却の会社さんは競売の最後には、どこかに消えてしまって何もされていない業者さんが多いと言うことも言えます。


今回の占有者さんは、ご家族で生活されておられたのが、ご主人が病気になりお仕事ができなくなったため、ローンの支払いができなくなりました。


一家の大黒柱が与える影響は大きいですね。


退居の話し合いも比較的スムーズにことを運び、残金納付までには、退居頂くことができました。


恐らく、私が伺うまでの時間は非常に辛く、しんどい時間が流れていたと思います。

しかし、次の住まいが見つかってからの行動は早かったですね。


そこに立ち止まっていても何も生まれません。次に歩みを進めたら自ずと新しい景色が見えてきます。


占有者さんに寄り添うことで、次に進める事が必ずあります。


YouTubeちゃんねる

『不動産屋ちゃんねる』

こちらでも、色々と情報を配信しています。よければ、そちらもチャンネル登録の上、ご覧下さいませ🤗


https://youtu.be/_3HzhqeB5do



 

本ブログのコンセプト


 


このブログでは、女性のための不動産投資を目的とした競売入札による物件のシミュレーションをしています。

男性と女性では、女性の方が様々なイベント(結婚、出産、一人での生活etc)で不安定に陥る可能性があります。

そんな女性の方の安心できる投資として「不動産投資をご紹介しています」

不動産投資はお金がないとできない?

高額なお金がかかる?

騙されてる?

信用できない?

わからない?

初めて始めるビギナーさんへ向けてが当サイトのプランニングです。

コンセプトは簡単です。3つだけ。

1.女性のための不動産投資

2.500万円以下の不動産投資物件を購入

3.競売を利用した市場よりも安い価格で物件を購入(利回りUP)

これにより20年~30年先で毎月の家賃収入で将来の収入の不安を解消するお手伝いをしております。

女性だからこその目線がこの不動産投資物件には有効に働きます。

多くの女性の皆様の将来の幸せを心よりお祈り申し上げます。

閲覧数:19回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page