top of page
  • takayuki

不動産競売落札後の物語。vol.14

更新日:2021年11月22日



前回は、不動産競売入札は

『不動産競売落札後の物語。vol.13』というテーマで書かせて頂きました。



私の振り返りも兼ねて『不動産競売落札後の物語。シリーズにてお届け致します。』


こちらについて書き記していきます。

どんな方が占有者として登場してくるのか?どんな経緯があったのか?

これからの皆様の参考になれば幸いです。


『たまにはこんなこともある。』


今回のお話は、我々不動産会社にとってありがたいことでした。


また、新人で入ってきた担当者の最初の案件としては、出来過ぎではありますが、こんなこともるもんだと感心したお話です。


不動産競売で競落した物件は、大阪市内ではなく、少し離れた郊外にある物件でした。

そこにはご家族で住われているのが、三点セットにも記載されていました。


比較的ご家族が住んでいる物件は、交渉もスムーズに進みやすいです。


そんなこともあり、新人くんに任せてみた経緯があります。


落札してから、ご本人宛に通知を送ると先方から連絡が入りました。

まず、先方から連絡が入ることが、皆無なので、連絡がくればかなり高確率で話し合いは整います。


そして、初回のため、私も同行して、ご本人と面談をしました。


お会いしたのはご本人。ご主人さんです。

お話を聞くと、最近転職もされお勤めされています。

これから引っ越しの準備等があるとのお話から、我々もお引越しの準備をされる方を煽ることはしません。


闇雲に先の長い話は聞き入れるのは難しいですが、ある程度なら、私の裁量でなんとかできます。


初回の面談もなんなく終わり、ある程度の時間をお渡しして、後は先方からの連絡を待つばかりです。


ほどなくして、連絡が入り、お引っ越しが完了したとのこと。


お部屋の鍵の受渡をうけるため、現地のお部屋で集合することなりました。


お部屋に入り、室内の状況を確認しつつ、進めて行きます。


所有者さんと一緒に部屋の中を確認できる機会は滅多とないので、しっかりと確認をしてリフォームしなければいけない点をチェックしていきます。


一通り確認ができたら、鍵を受け取り、所有者さんは先に帰って頂きました。


その後は今後の販売に向けて、リフォームプランを立てて行きます。


リフォームプランを立てる時が一番楽しい時間です。


新たに販売をかけるにあたり、どのようなお部屋にして新たな価値を生み出すか?


そんなことを考えるとあっという間に時間は過ぎ去ります。


残代金を納める前に引き渡しを受けれたので、近くの不動産会社さんへ、今後の販売物件の告知をして帰りました。


そして、数日後に情報提供した不動産会社からリフォーム前で購入検討したい方がいてるので、案内をしたいとのこと。


なかなかそれで決まることはないので、案内を促しました。


結果、多少の値段交渉ありましたが、リフォームせず現況のまま売却することができました。


たまにはこんな感じで、労せずとも売れる機会があるんだと感じた不動産競売物件でした。



YouTubeちゃんねる

『不動産屋ちゃんねる』

こちらでも、色々と情報を配信しています。よければ、そちらもチャンネル登録の上、ご覧下さいませ🤗


https://youtube.com/channel/UC6tfWMQ9mbEdcG1EkCSCkMQ



 

本ブログのコンセプト


 


このブログでは、女性のための不動産投資を目的とした競売入札による物件のシミュレーションをしています。

男性と女性では、女性の方が様々なイベント(結婚、出産、一人での生活etc)で不安定に陥る可能性があります。

そんな女性の方の安心できる投資として「不動産投資をご紹介しています」

不動産投資はお金がないとできない?

高額なお金がかかる?

騙されてる?

信用できない?

わからない?

初めて始めるビギナーさんへ向けてが当サイトのプランニングです。

コンセプトは簡単です。3つだけ。

1.女性のための不動産投資

2.500万円以下の不動産投資物件を購入

3.競売を利用した市場よりも安い価格で物件を購入(利回りUP)

これにより20年~30年先で毎月の家賃収入で将来の収入の不安を解消するお手伝いをしております。

女性だからこその目線がこの不動産投資物件には有効に働きます。

多くの女性の皆様の将来の幸せを心よりお祈り申し上げます。

閲覧数:26回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page