top of page
  • takayuki

不動産競売落札後の物語。vol.12

更新日:2021年11月22日



前回は、不動産競売入札は

『不動産競売落札後の物語。vol.10』というテーマで書かせて頂きました。



私の振り返りも兼ねて『不動産競売落札後の物語。シリーズにてお届け致します。』


こちらについて書き記していきます。

どんな方が占有者として登場してくるのか?どんな経緯があったのか?

これからの皆様の参考になれば幸いです。


『同業者に相談、立会させた結果』


今回のお話は、

所有者の家族がお住まいだったお家です。

一戸建てのお家です。


最寄り駅からは、少し歩きますが、二階建て建物が気に入り不動産競売の入札をしました。


三点セットでは、所有者が居住していることが書かれています。


現地調査の際も洗濯物が干されていて、お住まい中なのが、よくわかります。


落札後に訪問しても、しっかりと洗濯物を干されているので、すぐに退去はないと見込み、売却許可決定が下りてから、再び現地へ行きました。


所有者の奥様がでてきて、対応してくださいます。


ここでは、いつもこ儀式。

よそに頼んでます。結構ですのやりとりはなく、初回は挨拶だけして帰ることにしました。


もちろん次回お会いする際に、込み入った話をしたいと申し伝えています。


そして、約束の期日が迫った頃に、先方から連絡が入りました。


その内容とは?


知り合いの不動産屋さんから立ち会ってもらいたけどもいいか?


との連絡でした。


皆さんならどうされますか?


そんな話でしたので、正直、面倒くさいと感じましたが、何かに頼りたいのが人の常。


わかりました。

問題ないですよ。


っと、お返事をして当日を迎えました。


過去に何度か、振り回してくる同業者。

今回はどんなものかと後輩くんを連れて物件へ。


その時の話し合いの内容は?


①引越し退去まで時間が必要。ある程度融通はきけないか?


②引越し代やら、お金がかかる。多少引越し代をみてもらえないか?


こられていたのは、60代前後の男性でした。


さて、この質問に対しての私の回答は。


当事者でない方からの話なので、聞く必要がありますか?


それだけ答えて後はだんまり。


最後は、話し合いにならないということで、帰って行きはりました。


何か頼りたいという気持ちはわからないでもないですが、こちらとしても、まったく関係のない第三者登場で、話の内容が変わるのもおかしなものです。


結果、早々に引っ越しの準備を進め、退去されることになりました。


もちろん引越し代はお支払していません。


もし、ご自身がそのような立場になられたら、ご自身でまずは、しっかりと話を聞きましょう。

わからない点は質問と確認も忘れずに。


すぐに人に頼るのは逆効果になる場合があります。

弁護士さんは別ですが。。。


そのお家は、表装改装をして販売を始めて、購入いただいたのは、ブラジル人のご夫婦でした。


後で知ったんですが、お仕事で日本に来られているブラジルの方が、多く住む地域だったそうです。



YouTubeちゃんねる

『不動産屋ちゃんねる』

こちらでも、色々と情報を配信しています。よければ、そちらもチャンネル登録の上、ご覧下さいませ🤗


https://youtube.com/channel/UC6tfWMQ9mbEdcG1EkCSCkMQ



 

本ブログのコンセプト


 


このブログでは、女性のための不動産投資を目的とした競売入札による物件のシミュレーションをしています。

男性と女性では、女性の方が様々なイベント(結婚、出産、一人での生活etc)で不安定に陥る可能性があります。

そんな女性の方の安心できる投資として「不動産投資をご紹介しています」

不動産投資はお金がないとできない?

高額なお金がかかる?

騙されてる?

信用できない?

わからない?

初めて始めるビギナーさんへ向けてが当サイトのプランニングです。

コンセプトは簡単です。3つだけ。

1.女性のための不動産投資

2.500万円以下の不動産投資物件を購入

3.競売を利用した市場よりも安い価格で物件を購入(利回りUP)

これにより20年~30年先で毎月の家賃収入で将来の収入の不安を解消するお手伝いをしております。

女性だからこその目線がこの不動産投資物件には有効に働きます。

多くの女性の皆様の将来の幸せを心よりお祈り申し上げます。

閲覧数:16回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page